裁判離婚にも使える、浮気調査で集めた浮気の証拠とは

浮気調査で重要な、浮気の証拠は、裁判でも利用が可能か?

見出し大2
■ 浮気調査で集める証拠とは、
浮気や不倫を実証することが出来る証拠でなくてはなりません。


何故なら、裁判所へ証拠を提出する際に、事実を証明する証拠でないと、証拠としての能力が低くなり、離婚問題が長引いてしまったり、慰謝料の請求が出来ないといった事態が起こる可能性があるのです。

では、裁判所にも提出することが出来る浮気の証拠がどういったものか例を挙げると、

 「調査対象者と浮気相手がホテルに出入りする瞬間の写真や映像」
 「調査対象者が浮気相手の自宅へ出入りする瞬間の写真や映像」
など 

浮気の証拠として、有力なものが例に挙げた項目になります。
他にも、浮気相手とパートナーが肉体関係を持っていることを証明するメール内容などが証拠として提出されることもあるのですが、

メールの内容は「ふざけていた」「相手が一方的に言ってくるだけ」といわれてしまう可能性があり、証拠としては弱くなります。

そして、証拠は1つではなく、複数集めておくのが最善です。
証拠が1つだった場合、たまたま、相手の体調が悪くなり、ホテルしか休むところが無かったという言い訳をされてしまうと、証拠能力として弱くなってしまいます。
そこで、複数の証拠を集めておけば、言い逃れ出来ないので、裁判でも有利に進めることが出来ます。

当社では、裁判でも利用すること出来る証拠能力が高い浮気の証拠を集めることに努めております
疑問点などありましたら、お気軽にご相談ください。
Copyright© 福岡の浮気調査専門なみき合同探偵社 All Rights Reserved.