探偵の依頼者様の間で起こるトラブルの事例について

探偵業界で起こるトラブルの詳細についてご説明します。

大変残念なことですが、年間で探偵に関するトラブルの相談件数というのは毎年数百件以上あると、消費者センターのデータから知ることが出来ます。

そして、調査を依頼する人の多くが、トラブルになったとき、
適切な対処が出来ず損をしてしまうのです。

そのような探偵業者とのトラブルが発生した場合、
どのような対処を取ればいいのか、1つ事例を挙げて解説します。

「夫が浮気をしている」と気付いた妻が、浮気相手の情報を集めるため、多数のメディアで広告を出している探偵事務所へ相談をすることにした。
その探偵事務所へ行き、夫の浮気のことで相談をすると、調査には○○万円必要だといわれた。

妻は、○○万円もの調査費用を出すことが出来ないと相談員に伝えると、「生命保険の有無」「預金残高」
などをしつこく聞いてきたうえで、
「今すぐ調査しないと後悔する」
「浮気を許してはいけない」など
言葉巧みに長時間詰め寄られ、しぶしぶ契約をしてしまった

そして、自宅に帰り冷静になると、やはり高額な調査料金を支払うのは無理があると考えた妻は、探偵事務所へ契約の解消を連絡した。
しかし、探偵側は「既に契約したので、今解約すれば解約料として○○万円必要になる」
と言われ、結局言われたとおりの金額を苦労して支払うことになった。

■ この事例は典型的な悪質な業者の例です。
依頼者を派手な宣伝で呼び込み、危機感を煽って高い調査料金をむしり取るといった手口です。
こういった業者のほかにも、ろくな調査をせず、お金だけを騙し取るといった大変悪質な業者も存在します。

トラブルを回避するためには、依頼をする探偵事務所をシッカリと見極めることが大事です。
そのため、依頼者は探偵側が提示した調査内容、
契約書の内容に疑問があれば必ず質問をぶつけること、そして、質問に対する答えを明確に回答してくれる業者を探すことが最善の方法になります。

当社では、依頼者様に見積もり時から、料金の詳細を明確にし、後から金額の変更などを依頼者様の承諾無く行ったりは一切致しません。
トラブルの原因となる箇所では、必ずご説明しております。ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Copyright© 福岡の浮気調査専門なみき合同探偵社 All Rights Reserved.